スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大引(おおびき) 

20060306073914.jpg


柱の後は床下です。

まず大引という横架材を90cm間隔でわたしていきます。
間には束(つか)をかまします。
地面がぼこぼこなんで、束を入れる場所の高さをいちいち測って、束を作っていきます。作るっていっても切るだけですけど。

大引ができたら、あとはその上に根太(ねだ)を乗っけて床がはれるんですね~。

右の写真は扉だった場所が壁になる途中段階です。

そういえば倫太郎の正体を明かすのを忘れていました。
彼は惚れた女を追いかけて伊良部に来て、ブルースを学んで帰っていきました。
コトちゃんも宮古島を雨柊と3日デートしてから帰りました。
今、家は3人です。でも明日からまた増えます。

20060306082906.jpg

倫太郎(クリックで拡大)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://birafuya.blog41.fc2.com/tb.php/47-a86c7151

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。