スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建前中 

20060303195539.jpg


「建前=棟上」で家をたてる時に柱を立て梁を渡し、家の骨格を作る事を言います。

僕がしてるのは単に家の内部の柱だけなんですけど、それでも部屋の輪郭が姿を現してくるとなんだかジーンと胸に迫ってくるものがあります。

左の写真は鴨居の寸法を取っているところ。柱はどんなに頑張ってまっすぐ立てても微妙に歪みがあるので直接柱に当ててその柱の面に合わせて線を引き、カットします。

ひろにぃ「蟻の足を踏むくらいピシャッと合わせないと大工という大工にはなれねえんだぞ。分かってるか雷太。」

僕「素人やねんからちょっとくらい多めに見てよ・・」

みたいな会話が繰り広げられています。

右の写真は敷居と鴨居が付いたのでふすまをはめてみたところ。
またしてもジーン。
いちいち手が止まってしまいます。

早く床も張らないとね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://birafuya.blog41.fc2.com/tb.php/46-3251d5b1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。