スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンライン大工ワークショップ 第1回 棚の作り方 

まいど。匠をめざしていたはずの雷太です。

みなさん大工ってますか?
男子たるものコンクリートに穴ぐらい開けてみましょう。
貸家だろうが何だろうが若気の至りで乗り切ってください(笑)

というわけで別に誰から頼まれたわけでもないのですが
ちょっと実験的に大工のワークショップをしてみたくなったので突然はじめます。

ついてきてください^^


まず第1回めは「棚」です。L字の金具は使いません。木にこだわります。木と書いて「もく」と読んでください。
P5220039s.jpg   P5220045s.jpg
設置場所を決めます。必要な寸法を測り、欲しい大きさを決めます。
今回はこの窓の上につけてみようと思います。大きな寸胴を乗せるので、頑丈、シンプルをテーマに作りたいと思います。



P5220048s.jpg   P5220054s.jpg
ざっくりと図面を書きます。(ちなみにこの図面は後で変更しました)寸法はmm単位。
必要な材を仕入れます。今回は33mm×50mmの角材と15mmの板材を使います。




P5220052s.jpg   P5220053s.jpg
必要な道具をそろえます。
○丸のこ、振動ドリル、インパクトドライバー、差し金、巻尺、角度調整ガイド、水平器、かんな、のみ、ハンマー、ドリルビット、ビス、ビスコン、ハンマー、鉛筆 

右の写真は「毛引き」重要アイテムです。

あと、写真に写ってないですが「手のこ」もいります。横引きと縦引きの両刃がいいです。

まずはこの辺りで第1回を終わります。
次回の更新までに道具を揃えておいてください^^

わからない所はコメントに質問してくださいね。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://birafuya.blog41.fc2.com/tb.php/113-b69a8130

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。